【2017 スペシャル・ステージ】ゴスペル – 歌う母ちゃん 吉武愛子とMercy Voice


4/23のフェスティバルはフラメンコてんこ盛りですが、
お昼時はフラメンコ以外のスペシャルな1時間をお楽しみください!(^^)

佐賀で”歌う母ちゃん”として
「音楽で子育てをサポートしたい」という思いの活動をしていらっしゃる
吉武愛子さん!
そして愛子さんがディレクターをしているゴスペル・サークル「mercy voice」の登場です!

春の昼時に広がる「慈悲の歌声」をお聞きくださいませ!(^^)

■吉武愛子
image2.jpeg
現在「歌う母ちゃん」として佐賀で活動中。
25歳より、ゴスペル&バンド活動をスタート。
佐賀・福岡のホテル、イベント会場などを中心に活動。
27歳よりシンガーソングライターとしての活動もスタート。
代表作品「ツナイダテ」は、佐賀県信用金庫協会のCMソングとして起用されている。

■mercy voice
image4.jpeg
2014年10月、NPO法人poco a boccoのゴスペルサークルとして「mercy voice」始動する。
チームディレクター吉武愛子のもと、ママが約8割を占めていて、
子供たちも一緒に練習に参加し、ステージにあがるというスタイルで活動している。
モラージュ佐賀のクリスマスイベント、0歳からの音楽会など、
様々なステージでママ達のmercy(慈悲)なvoice(歌声)を届けている。
メンバー随時募集中。
レッスンなどの詳細はNPO法人poco a boccoホームページにてご確認ください。

image1.jpeg

image3.jpeg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算式が成立するようにテキストボックスに半角英数字を入力してください *